コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>2009年06月

Blog

2009.06.30  難しい!

人の行いを「こうするといいよ。」注意する事って、とっても難しい。叱ったりすることは、上から下への指導という側面もあるので、聞く側も気持ちの覚悟がありますが、同等な人間関係、もしくは、立場が上の方に「この方がよいでは、ないのですか?」が、難しい。ましてや顧客に対しての注意は、よほど気をつけて言葉を選ばないとかえって注意されたことで、腹を立てられてしまうことがあります。注意された原因はさておき、注意されたことだけが残り、その後の関係がギクシャクしたものになってしまいます。

明るく注意することがたいせつかな。聞いてる側が、笑って聞けるような手法・言い回しをとることが大事です。「こうすればよかったに80点」とか、 最後には、いいところを必ず、褒めるとか。真剣に正しいことばかりを言ってしまうと、相手の逃げ場がなくなってしまうので言いたいことの半分で収める。とにかく、同等、または目上の方、特に顧客に注意・意見等をするときは、よく考えて、言葉を選んで、練習をしてからがよいといろいろ反省してます。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.25  自社の強み?

自社の強み、パルチェーンの強みとは、

出店開発時の投資額の決定方法だろう。通常、「コインランドリー店を出店するのにいくらか必要ですか ?」の質問に対して、「開業予算は、○○××円です。」と、答えるのが一般的ですが、パルチェーンでは、「わかりません。物件、つまりお店を出す場所が決まらなければ、開業予算は、お答えできません。」という考えです。なぜなら、お店を出す場所によって、『売上って』当たり前に違うのです。売上金額の予測をしないで、投資額を決めることがおかしいと考えるからです。つまり、出店する場所があり、商圏調査をし、売上予測を設定し、その予想する収益の中で償却できる投資額におさえれば、コインランドリーを出店して悲しい思いをすることはありません。売上予測の低い物件には、中古の機械を手当てして投資額をおさえ、開業すれば安心です。

パルチェーン本部は、『やってよかったと思える コインランドリー事業』を提案する会社です。

開業することが仕事ではありません。 『開業してよかった。』『コインランドリーを開業してよかった』と思ってもらうことが、仕事です。ですから、何が何でも高価な機械設備を販売しません。『開業してよかった』と思っていただくには、中古でも何でも、収支の合う前提での投資をご提案をしています。パルチェーン本部は、トラブルコールも忙しいオーナー様に代わって受付をしますので、コインランドリー店をオーナー様と二人三脚で運営してゆきます。開業してから始まるオーナー様との長いお付き合いの中で本部が『辛い思い』をしないよう出店開発は慎重に検討します。コインランドリーの開業相談をいただいても、出店の調査後お断りすることもありますので、ご了解をお願い致します。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.22  梅雨、本番。

京都の貴船神社に詣でてきました。

理由は、貴船神社が水を司る水神様だからです。

「東三河にシトシト雨がたくさん降りますように」と。

世間では、許されないお願いをしてきました。

コインランドリーの本部としては、オーナー様に

喜んでいただけるお願いをしてしまいます。

たとえ、世間の方の反感を買おうとも。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)