コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>2012年09月

Blog

2012.09.27  今だけを見ない。短期・中期・長期を考える。

研修会で、会社改善の大変わかりやすいたとえ話を聞いたので、みなさんにもお伝えします。

 


たとえ話、AさんBさんCさんは、お腹が空いて困っています。

 

➀Aさんのために魚をあげました。Aさんは、お腹を膨らすことができました。

 

➁Bさんのため魚の網をあげ、魚を獲ることを教えました。Bさんは、網が破れて使えなくなるまで魚を取り、お腹を膨らすことができました。

 

➂Cさんのために魚の網の作り方と魚を獲ることを教えてあげました。Cさんは、お腹が空いて困ることがなくなりました。

 


賢い皆さんには、味岡が何を言おうとしているかが、お気づきだと思いますが、AさんBさんCさんへの対応でどの対応が一番よいと思われますか?

 

➂のCさんへの対応が一番だそうです。


パルにもいろいろな問題の相談で訪ねていただく人がたくさんいます。

そんな方々に対して、または、パルの社員さんに常々味岡が話していることは、常にどんな問題でもA:今とB:1年後とC:5年後10年後の3つの時間で考えてみてください、考えんとね、と話しています。

いわゆる短期・中期・長期の考え方です。

 

味岡が、常に心がけているのは、相談者に対して魚獲りの➂の方法と➀の方法を同時に行うということです。

 

お腹が空いている人は、今食べたいのです。

➂の方法がよいからといっても、➂では、今すぐの空腹感をなくすことはできません。

 

資金繰りが苦しいときは、今現金が要るのです。

経営の建て直し、改善だけの話では、今月がしのげないのです。

この➀の方法が➂の方法にとって多少マイナスであっても今生き残るから、将来があるのです。

 

とにかく、味岡は、28歳で独立して以来20数年、常に短・中・長期の観点で問題を対処してきました。

 

パルの転機は、会社が大変で運転資金もないとき(平成10年1月)に人を雇い、屋外広告事業を始めたことです。

 

屋外広告業も今年で14年目ですが、お客様も増え、安定した売上が確保できるようになって来ました。

長期の計画が実を結びました。

それとパルがなんとか生き残ってこられたのは、いろいろ相談させていただいた多くの方々がいたおかげです。

 

だから、自分も自分の縁のある方々にうまく魚を獲ることのできる網の作り方を伝えることを自分のライフワークとしてゆきたいと思っておりますので、困ったことがあったら、まずはお電話090-3256-7349まで、よろしくお願いいたします。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.24  営業するということ

営業の仕事に長く携わっておりますので、人から営業されるときの営業マンの手順・アプローチがすごく気になります。
営業もいろいろなタイプがあると思います。
口下手な方の場合、誠実さが前面にでてくるような印象を受けます。

自分が長年仕事として営業をしてきて思うことは、あくまでもお客様の意向が優先するということです。
お客様が希望するところを読みあててセールス方法を組み立てる。
お客様が望むところを推理し、お客様の意向を反映したご提案を組み立て、商談する。
お客様の意向が読みきれたところで、商談の80%は成功したといえるでしょう。

だから、自分が営業されたとき、こんな資料が欲しいな、こんな提案をしてくれるといいな、と思うとおりにされると購入を決めてしまうことがよくありますし、意外な提案で、心地よかった手法は、自分の営業の参考にしています。

次に、2度目以降の購入の決め手は、販売に結びつかないときのサービス、心配り、所謂アフターケアの部分できる人かということが、2回目以降の購入の決め手になります。

味岡の場合、作ったコンランドリー店の収支が合うようになるまでは、胃の痛くなるような思いを感じます。
収支が合うようになるまでの費用は、パルで負担しお客様が安心してコインランドリーの経営ができるようにバックアップしてゆきたいと思っております。

先の長い話のようですが、次のコインランドリー店を作る際もパルに頼もうと思っていただける決め手になると信じております。

話が横道にそれましたが、味岡がよいと思う営業は、
1.お客様の意向を第一とする。(意向に沿った提案をする。)
2.販売につながらない事案も、きっちり処理する。

以上、2点です。

 

営業として、先ず考えることは、自分が買い手になったときの気持ちを考えて、営業をすることですね。
お客様が困ったときにどれだけお手伝いができるか?

特に不動産の売買、賃貸の仲介等は、問題がもつれると民事訴訟に発展するケースもあります。
そんなときに一生懸命、お手伝いができる営業マンになりたいと思っております。

もちろん、トラブルにならないことが第一ですが。パルの仕事でなくてもよいので、困ったことがあったらいつでもご相談ください。


お客様に愛される、親切、丁寧なパル・ネットワークを目指します。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.18  自分が変われば。

人が自分に接してくれる態度、言動で自分の反応がだいぶ違うことに気づきました。

 

逆な見方をすれば、自分の人に接する態度、言動を変えてゆけば、そこに生じる人間関係が、もう少し別な形に変わってゆくのだろうということに、この年になってやっと気づきました。

 


なんでも人の所為にして、不平不満を言っていても現状は、絶対変わらない。

 

変えたければ自分自身が変わらなければ、だめなんだと。

 


自分でも相手が低姿勢で、言葉を選びながら、自分を立ててくれるように話されたら、決して言い争いにならないだろうし、普段の何気ない会話の一言一言にも気を配り、
『ごめんなさい』、
『もうしわけないけど』、
『次から気をつけます。』、
『次回は、あなたの言うとおりにします。』、
『自分の言い方が悪くて』等々、
こんな感じで言われたら、喧嘩にならんし、
かえって相手に申し訳ないねえという気になってしまう。
人を罵ったり、貶めるような、俗に言う汚い言葉は、慎みましょう。
前向きに生きる人に、汚い言葉は似合いません。

 


うまいたとえ話がなくて残念ですが、人との言い争いになってしまうようなことでも、言葉の言い回しで回避できることはたくさんあります。

 

人間関係をよくしようと思ったら、まず自分から変わりましょう。
親子関係、夫婦関係、友人関係、職場関係等々、人との係わりなくして暮らしてゆくことなど不可能なのですから、どうせなら穏やかな人間関係の中で暮らしてゆきたいと思います。

 

まず、自分が変わりましょう。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.14  有難うと素直な心

実は、奥様からこの言葉を教わりました。「有難う」

有難うという言葉は、「難に有って、有難う。」難、つまり大変な難儀に有ってそのことに感謝し、悪いことへの連鎖を断ち切る言葉だそうです。

 


何気なく使っていた言葉、その意味を知って驚くことってよくあると思います。

 


有難うって素敵な言葉だと思います。
だから、意味としては、もっと違った意味もきっと有るでしょう。
しかし、難に有って、有難うと感謝することで、悪い連鎖が断ち切られるというのは、大変興味深い教えでした。

 


よく、『前向きに生きなさい。』と言われます。
自分自身の考え方次第で同じ人生が、変わってくるという。

 

この話を聞いたとき、「へえ、そんなわけないじゃん。」と思うか、
『それじゃあ、今日から前向きな考えで生きよう。』って素直に思えるか、
ここが人生の分かれ目です。

 



このことに限らず、会社等の新入社員研修で、会社(パル)が、新人社員に求めるものは、能力より『素直
な心』です。
『素直な心』が、一番、人を向上させるのです。

 

人間いくつになっても『素直な心』を持つということは本当に大切なことだと思いますし、自分も『素直な心』を持ち続けたいと考えています。

 


困ったとき、大変なときも、おかげで有難うと感謝の心をもち。

 

これで悪いことが断ち切れたと素直な心で喜び、自分は幸せである。
ついていると思って暮らす。

 


明るく、穏やかに暮らすことで、次の幸運を呼び込む環境ができると心から信じて毎日を過ごしています。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.13  今日を愉しむ?!

最近あることに気がつきました。(自分だけが,感じてたことかも?)

わかりやすい例でお話しすると家を新築して,住宅ローンを25年で組んだとします。

『25年は、とにかくがんばろう、25年経てば借金も返済が出来、楽になれるぞー』

『毎月、こんなに返すのだから、25年経って返済が終わればどれだけ贅沢が出来るんだろう。』等々、味岡は、こんな風に考えてしまうタイプの人間でした。


只、若い頃は、後何年か辛抱すれば、楽になれると思いながら辛い今をがんばることが出来たのですが、最近は、後何年がんばればと言うのが、とても
ストレスに感じてしまうようになりました。

そこで、『はたっ』と気づきました。辛抱だけでは、毎日が大変辛い。

50歳を過ぎて、辛抱ばかりで良いことも無く、命を落とすことになったら哀しい人生で終わってしまう。

だから、楽になる何年か先は、先の楽しみとして、今は今で楽しみをみつけて楽しいなと思える日々を過ごしたい。

住宅ローンが終わらなくても、「楽しみはあっても良い」という事に突然気づきました。

せっかく生きているのだから、楽しみを先送りするような人生は、いかん。と本当に思いました。

 

月があらたまったら、まず今月の楽しみを決める。
月曜日には、今週の楽しみを決める。
朝起きたら、今日の楽しみを決める。
こんな簡単なことだけで、生きていることが、毎日を過ごすことが楽しくなります。


辛い辛い、我慢我慢と思って暮すのは、ふりかえって寂し過ぎる。
過ぎてきた日々を振り返ったときにあの時は、あそこに出かけて楽しかったなあ。

あそこのあれは、美味しかったなあ。

あの人との出会いは、愉快だったなあ。

色んな楽しみを見つけて暮らしていきたい。


今、
今日現在を楽しく暮したいと、最近つくづく思います。

 

皆様は如何お考えですか?

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.12  仕事は、何でも引き受けたい。

パルには、軽トラックが1台あります。

 

エアコン付のオートマッチク車です。わーい、わーい。

 

ちょっとした貸駐車場、売地、貸し店舗等の募集看板の設置、撤去や店舗の閉店で什器の搬出のため、利用しています。

狭い道でもどんどん行けちゃうので、大変便利です。

 

パル・ネットワークのサービスカーとして大活躍です。

 

これで、いろいろなお客様の要望にもこたえることが出来ています。

お客様の希望、要望は、できる限り、パルだけで処理ができるようにしたい。
パルでできないことでも、パルが代理で業者を探し、処理できるようにしたいと考えております。

 

何でも、困ったことがおきたら、パルに頼べばすべて解決できるという体制を会社全体でつくっていきたいと考えております。

 

今までも外注する際には、パルで2社以上の見積もりを取り、値打ちな方をお客様にご提案できるよう努力してきましたが、これからもより安心な方法での問題解決が図れるような努力を続けていきたいと考えております。

 

パルの軽トラックは、値打ちに顧客サービスを継続してゆくための販促ツールです。

 

お客様が、この件は、A社。この件は、B社。等々と手数をかけない。
とにかく何でも困ったら、何かをするときには、パルに頼めば、OKという絶対の体制を構築したいと思っております。

 


皆さん、どんどんお電話ください。お待ちしてます。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.05  お客様っていろいろ

最近あった事で、コインランドリー店をやってみたいという問い合わせがあり、詳しいお話が聞きたいと言うことなので日時を決めて会う事になりました。

会ってみると、
         ①自己物件の有効活用。

           ②本業、あり。会社経営。

           ③資金、OK.

と、一見申し分無い方なのですが、何度も会って打合せをしてゆくと

自分の都合ばかりいう。

コインランドリー業としての提案を聞かない。

会った後とても、厭な気分になる。(この人の為に一生懸命になりたくない。)

という事が判ってきたので、お断りをしました。

過去の事例で売上になるからと、(?)マークのつくお客様とお取引した事があるのですが、売り上げた数字以上にあれこれと無理難題を云われ、仕事が正常に回らず、ひどい目にあった事がありました。


その時の教訓で、どんなに売上の見込める仕事でも、危ない予感のするお客様とは、お付き合いをしない。
お断りしたほうが、結果的に売上が上がるのです。(精神疲労もないので、仕事に専念できる。)

仕事が無くても、仕事は選んだほうが、長期的な観点で判断した場合よい結果につながると思います。

20年近く、やってきて仕事を選ぶようになってから、仕事がうまく回るようになりました。
つくづく仕事は、選ばなくてはいけないと痛感しております。

だから今は、パルを理解していただけるよいお客様ばかりで、そのお客様に助けていただきながら、お仕事をさせていただいております。


皆様、本当にありがとうございます。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.09.01  属性

一人になりたいって思ったことありませんか?

ただ一人になるのではなく、自分の属性を全て消去して、一人になるのです。

家族、会社の地位、財産(借金)も全て無くして。

 

家族が無くて、会社人としてだったら、どう生きるのかな?

今の会社、その他仕事に係わるものが無くなって、家族だけだったらどう生きるのかな?

 

何も無い恐怖も有るけど、何も束縛されるものの無い事へのあこがれも少し感じます。

生きて行く事は、色々な属性が増えて行くことですね。

結婚して家族ができ、子供が成長し、結婚して、孫が生まれ、一つ一つ新たな色々の属性を背負って生きて行きます。

いけない事にあこがれる。悪い事、間違った事にあこがれるような時ってありますよね?

一人になることは、寂しい事だと知っていても、突然一人になりたかったり。

全ての属性を捨て去り、一人になってみたり。

 

心を開放する事で、現状をより理解でき、今に立ち向かえる自信が沸いてくる。

自分の心を強くするためには、自分の弱さを知らないと強くなれません。

自分の世界の中で、一人になって生まれ変わり、新しい自分の活力に変えてゆく事が出来れば大変幸せです。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)