コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>営業するということ

Blog

2012.09.24  営業するということ

営業の仕事に長く携わっておりますので、人から営業されるときの営業マンの手順・アプローチがすごく気になります。
営業もいろいろなタイプがあると思います。
口下手な方の場合、誠実さが前面にでてくるような印象を受けます。

自分が長年仕事として営業をしてきて思うことは、あくまでもお客様の意向が優先するということです。
お客様が希望するところを読みあててセールス方法を組み立てる。
お客様が望むところを推理し、お客様の意向を反映したご提案を組み立て、商談する。
お客様の意向が読みきれたところで、商談の80%は成功したといえるでしょう。

だから、自分が営業されたとき、こんな資料が欲しいな、こんな提案をしてくれるといいな、と思うとおりにされると購入を決めてしまうことがよくありますし、意外な提案で、心地よかった手法は、自分の営業の参考にしています。

次に、2度目以降の購入の決め手は、販売に結びつかないときのサービス、心配り、所謂アフターケアの部分できる人かということが、2回目以降の購入の決め手になります。

味岡の場合、作ったコンランドリー店の収支が合うようになるまでは、胃の痛くなるような思いを感じます。
収支が合うようになるまでの費用は、パルで負担しお客様が安心してコインランドリーの経営ができるようにバックアップしてゆきたいと思っております。

先の長い話のようですが、次のコインランドリー店を作る際もパルに頼もうと思っていただける決め手になると信じております。

話が横道にそれましたが、味岡がよいと思う営業は、
1.お客様の意向を第一とする。(意向に沿った提案をする。)
2.販売につながらない事案も、きっちり処理する。

以上、2点です。

 

営業として、先ず考えることは、自分が買い手になったときの気持ちを考えて、営業をすることですね。
お客様が困ったときにどれだけお手伝いができるか?

特に不動産の売買、賃貸の仲介等は、問題がもつれると民事訴訟に発展するケースもあります。
そんなときに一生懸命、お手伝いができる営業マンになりたいと思っております。

もちろん、トラブルにならないことが第一ですが。パルの仕事でなくてもよいので、困ったことがあったらいつでもご相談ください。


お客様に愛される、親切、丁寧なパル・ネットワークを目指します。

 

投稿者 パル・ネットワーク (09:33) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :