コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>2012年10月

Blog

2012.10.29  売れる時に売れ!

味岡の鉄則として、『売れる時に売れ』という鉄則があります。

この鉄則は、不二家時代にお雛様のセールの時にひなケーキが売れて売れて、ケーキのケースも空、ストックのケースも空。

こんなときは、カステラ・スポンジの切れ端にクリームを塗って、イチゴを乗せただけでも飛ぶように売れてゆくのですが、翌日、十分の品数と満足のいく商品を並べ準備していても、売るべき時期を逃せば、誰も買いに来ません。

昨日は、スポンジの切れ端にクリームを塗るだけでも売れたのに。

売れる時の勢い、売れる時期の違いということを実感しました

この体験が、『売れる時に売れ』という鉄則につながりました。

ですから、お仕事があれば、休みを延期してでも働きます。

時期をずらしてゆっくり休めばいいのです。

お仕事があるときにお仕事をしないと、パッタッとお仕事がなくなる日が来るかもしれないので。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.17  コインランドリーって、いいなぁ!

恒例のコインランドリーの洗濯まつりのが始まります。
セールの応援で、毛布、コタツ布団、カーペット、
羽毛布団等々と格闘します。

便利ですよ、コインランドリーは、羽毛布団・カーペットはコインランドリーに限ります。

羽毛布団は持ってきた時以上にふっくらしますし、カーペットも大変きれいになります。

年々利用客が増えているような気がしますし、景気が悪くなったときに家計を預かる奥様方が、安くて安心、きれいに仕上がるコインランドリー店を進んで利用していただいたような気がします。

 

実際、不景気で時でもコインランドリーの売上は、右肩上がりで、怖いものなし。
衣食住のたべることと一緒で、日生活すれば、お腹が空くように1日生活すれば、洗濯物が出ます。

 

生活に密着した仕事なのです。需要は限りなし。

便利さが浸透すれば、するほど、需要は増える一方です。

 

その上、無人店舗ですので、無駄な人件費を使わず、好きな時間(都合のよい時間)を利用してのお掃除だけで、めんどくさいクレームの受付は、パルチェーンに加盟すればすべてパル本部が引き受けます。

オーナーさんは、安心して海外旅行もいけます。

 

コインランドリーの開業相談は、無料です。
コインランドリーの出店調査も無料で致します。
興味のある方は、遠慮なく本部まで連絡下さい。

定年後の第二の人生はコインランドリー店の経営が一番です。
小銭を集めることが、大きなお金を集めることにつながります。
お金をためるなら、パルにお任せを。

 

 実践したことしか提案いたしません。
成功事例をそのまま、ご提案します。

 

何より、資産が作れます。

資産をお持ちの方は、資産の有効活用。
資産をお持ちで無い方は、自分自身の資産形成に。

 


パルの場合、3月に豊橋嵩山町の自社物件でコインランドリーオープン。

9月に新物件を購入、コインランドリー店プランを計画中。
11月にも、土地売買契約締結予定をし、コインランドリー店計画中。
現在でも、コインランドリー店の出店物件を探索中です。

 

このコインランドリー開業ノウハウ・資産形成ノウハウをご提案します。
成功事例そのままのご提案です。
どんどんお問い合わせ下さい。
土地を買って、コインラドリー店を開業し、コインランドリーの売上でラクラク返済。嘘のような、ほんとの話。

一緒に明日を語りましょう。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.12  ゆとり教育

最近のニュースで日本の高校生の学力低下が報じられます。

 

それとあわせて、最近、日本の高校生のがんばることへの意欲等の低下も世界各国の比較し田結果を合わせて報じられます。

 

優秀で勤勉だった日本人はどこにいてしまったのでしょうか?

 

第二次世界大戦のあとの焼け野原をすごい勢いで復興させた

あの勤勉な日本人は、どこにいってしまったのでしょうか?

 

きつい労働は、出稼ぎの外国人労動者に任せてしまい、遊び惚ける若者たち。

 

「今の若い人たちは、」という言葉を使うということは、

自分が年をとったということだというのは、よくわかっているつもりです。

 

しかし、今のゆとり教育ってやつですか。

休みは、増えるし、円周率は、3.14でなく、3で済ましてしまう。

授業時間が、大幅に減らされ、がんばることを忘れてしまった若者たち。

 

インドでは掛け算を20×20まで、暗唱できるそうです。

だから、ハイテクのIT企業の戦士は、ほとんどインド人らしい。

 

受験地獄といわれようが、スパルタ教育といわれようが、

長い人生の中では一時のことだし、がんばった記憶は、

一生残るし、その時期に覚えた知識は、一生のものだと思います。

 

その大事な時期をゆとり教育とかいう訳のわからん教育方針で、

大事な若者たちの将来が危ないものになってしまいます。

 

国家の将来、日本の未来は、若者・少年、少女の教育です。

 

未来形成は、教育・教育・教育です。

 

再び、世界に誇れる日本になるためには、

今の、このゆとり教育をなくすこと。と道徳の授業に重きを置くことだと

考えます。(ところで、道徳の授業って今あるのでしょうか?)

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.11  ものづくり日本。

高い技術力を誇った日本。ものづくり日本

 

 

地道な労働による熟練と経験によって築かれた高い技術力。

 

 

職人といわれる方たちのこの道一筋のネジを作る技術や、精密機器の製造等。

 

 

日本の誇れるものがどんどん失われてしまう社会状況。

 

 

株取引、インターネット関連のIT長者。

違った意味での努力を忘れた人たちが、勝ち組といわれる社会風潮。

 

 

だんだん愚痴っぽくなってきました、

「昔はよかった。」になってしまいそうですので、ここまでとします。

 

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.10  決断の責任

50年近く暮らしてきた中にも、毎日の日々の暮らしの中でも

決断のときというか、いろいろな分岐点が、あります、ありました。

 

昔、選んだこの道だけれど、もしもう一方の道を選んでいたなら、

どうなっていただろうか?

と思いを巡らすことってありませんか?

 

タイムマシンに乗って過去に戻り、やり直せるなら試してみたい気もします。

 

違う道を選んでも、結局同じこの道に来ていたかもしれません。

 

実際は、やり直すことができないから、その分岐点に立ったとき真剣に

考えるのだと思うし、やり直せないから面白い。

 

自分の決断、行動のよいことも悪いことも、結局自分に帰ってくるし、

その責任は当たり前のように自分自身が背負ってゆか無くてはならない。

 

親の庇護から離れて、自分の足で歩くようになり、

自分で判断、決断したことは、自分で責任を持つ。

分岐点に立ったときの決断は、自分で責任を持つ決断だから慎重になる。

 

 

「自分の決断を自分で責任をもつ」という意識の無い人が、

安易な決断をし、そのツケがあとから自らに巡ってきて、

そのときに後悔しても遅いのです。

 

我が子たちには、自分の実体験で学んだこととして、

必ず教えたいと思います。

 

『分岐点に立ったときの決断は、

自分で責任を持つ決断だ』

ということを。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.09  東山魁夷の世界

「風景は心の鏡である」という東山魁夷芸術。

 

「青の魔術師」といわれる日本画家、東山魁夷。

 

その絵との出会いは、毎年訪れる唐招提寺、御影堂でした。

 

御影堂の障壁画『山雲』『濤声』は、「青の魔術師」と呼ばれるに相応しい作品です。

 

ぼかし加減に感動です。海・山等々の幽玄な風景。

 

元々風景画が好きなのですが、「風景は心の鏡である」という言葉にうなずきながら、

 

東山魁夷の絵を見る機会を得ました。

 

京都、大和路、北欧の風景画、唐招提寺御影堂の障壁画を描くための中国・桂林その他の風景画等々。

 

桂林の池、河、山々の絵は、まさに「風景は、心の鏡である」という感じです。

 

自分自身も絵を描く才能が欲しいと思います。

自分の好きな風景画を描くことができたら最高です。

 

仕事を離れたら、挑戦してみたいと思います。

心の栄養のためにも。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.06  反省と感謝!

環境で人は変わると思っております。

自分自身も、自分で作り出した環境だったとはいえ、いろいろな経験を通じて大きく変わってきたと思います。

 

できることは、なんでも体験して自分を高める糧としたいし、嫌なことも自分自身の勉強になると積極的に経験をつんだつもりです。

もう来月は、55歳になります。

 

ある程度の年齢になるとなかなか自分を変えられないといわれますが、この言葉を隠れ蓑にして自己啓発することを怠ってはいけないと思います。

いくつになっても勉強だし、自分を高めようという気持ちを失っては、いけないと思います。

 

この年になって思うことは、前向きな生き方と感謝する心(感謝する心は最近特に)。

 

こうなりたいという自分の理想の姿を描き、理想の自分を演じることで、それが当たり前になれば大変うれしいことだと思います。

 

ただ、環境の中で押しつぶされてしまう人に出会ったこともあります。

そういう人は、自分の殻を破れず、また自分の環境を自己の糧にもできず、さらにはできない理由を環境の所為にして逃げてしまう。

その人の基本姿勢は、『自分は絶対正しい。』です。

 

反省なくして、進歩はありえないのに、それすら気づかない。

 

自信過剰、利己主義、人の助言を受け付けない、自分の殻のなかで、つらい状況になっても人に助けを求めるお願いもできない。(プライドが高すぎて)

 

基本は、反省する気持ちと、感謝する気持ち。

 

いくつになっても、よい自分に変わろうと前向きにがんばりましょう。

ありがとうございます。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.05  借入相談は、得意です。その2

決算書は、自分達商売をするものにとって、成績の通知表みたいなものなので、商売をする者は、少しでもよい成績になるように努力しないといけないし、毎期毎期よい成績になるような仕組みを創造することが、業の安定につながることだと思います。

 

 

また最近の相談で、運転資金の借り入れの相談がありました。

この方の場合、慢性的な運転資金不足でいつも運転資金の調達に走り回っている感じの方なのです。

 

運転資金の借り入れは、麻薬と一緒だから、一時的に楽になっても原因を改善しなければ、また借り入れが必要になるし、前回の借り入れの返済が自分自身を苦しめることになるのです。

 

 

運転資金を借入するだけでは、根本的な問題の解決にならないのです。

 

 

思い切って、収益を増やすための設備投資をして、商売の体力をつけながら収益がが上がる体質に改善してゆこうということになり、事業計画、その他を味岡が作成し、本人と打ち合わせの上、収益拡大計画を実施しております。

 

融資の目処もつき、計画も着々と進行中です。

 

 

この計画で収益が改善され、安定した商売が展開できるようなることを信じて、これからも応援してゆきたいと思います。

 

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.10.04  借入相談は、得意です。

僕は、元気です。

おかげさまで、味岡の周りでも明るい話が多いです。

 

以前から、相談にきていたAさん、会社の決算の数字はよかったのですが、決算後の収益が悪化し、各月の試算書が、だんだん悪化してゆくので、運転資金の調達の必要を感じたとき、借り入れができるだろうか?と、とても心配だ。
というような案件でしたが、第一に内容悪化の要因の徹底解明とともに、悪化原因の削除、及び、改善により、試算書の内容が悪化していかないような対策を立て、Aさんと相談を重ね、いろいろな手続きを経て試算書の内容を改善しました。

 (この件については、業種・業務内容・会社の環境・決算、試算書の内容によって、対策等が変わってきますので、個別にご相談ください。)

 


その結果、1000万円の運転資金の融資が受けられそうだと喜びのお電話を頂きました。

 

相談された味岡としてもよい結果につながり大変うれしく思っております

ありがとうございます。

投稿者 パル・ネットワーク | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)