コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>決断の責任

Blog

2012.10.10  決断の責任

50年近く暮らしてきた中にも、毎日の日々の暮らしの中でも

決断のときというか、いろいろな分岐点が、あります、ありました。

 

昔、選んだこの道だけれど、もしもう一方の道を選んでいたなら、

どうなっていただろうか?

と思いを巡らすことってありませんか?

 

タイムマシンに乗って過去に戻り、やり直せるなら試してみたい気もします。

 

違う道を選んでも、結局同じこの道に来ていたかもしれません。

 

実際は、やり直すことができないから、その分岐点に立ったとき真剣に

考えるのだと思うし、やり直せないから面白い。

 

自分の決断、行動のよいことも悪いことも、結局自分に帰ってくるし、

その責任は当たり前のように自分自身が背負ってゆか無くてはならない。

 

親の庇護から離れて、自分の足で歩くようになり、

自分で判断、決断したことは、自分で責任を持つ。

分岐点に立ったときの決断は、自分で責任を持つ決断だから慎重になる。

 

 

「自分の決断を自分で責任をもつ」という意識の無い人が、

安易な決断をし、そのツケがあとから自らに巡ってきて、

そのときに後悔しても遅いのです。

 

我が子たちには、自分の実体験で学んだこととして、

必ず教えたいと思います。

 

『分岐点に立ったときの決断は、

自分で責任を持つ決断だ』

ということを。

 

投稿者 パル・ネットワーク (13:04) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :