コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>ゆとり教育

Blog

2012.10.12  ゆとり教育

最近のニュースで日本の高校生の学力低下が報じられます。

 

それとあわせて、最近、日本の高校生のがんばることへの意欲等の低下も世界各国の比較し田結果を合わせて報じられます。

 

優秀で勤勉だった日本人はどこにいてしまったのでしょうか?

 

第二次世界大戦のあとの焼け野原をすごい勢いで復興させた

あの勤勉な日本人は、どこにいってしまったのでしょうか?

 

きつい労働は、出稼ぎの外国人労動者に任せてしまい、遊び惚ける若者たち。

 

「今の若い人たちは、」という言葉を使うということは、

自分が年をとったということだというのは、よくわかっているつもりです。

 

しかし、今のゆとり教育ってやつですか。

休みは、増えるし、円周率は、3.14でなく、3で済ましてしまう。

授業時間が、大幅に減らされ、がんばることを忘れてしまった若者たち。

 

インドでは掛け算を20×20まで、暗唱できるそうです。

だから、ハイテクのIT企業の戦士は、ほとんどインド人らしい。

 

受験地獄といわれようが、スパルタ教育といわれようが、

長い人生の中では一時のことだし、がんばった記憶は、

一生残るし、その時期に覚えた知識は、一生のものだと思います。

 

その大事な時期をゆとり教育とかいう訳のわからん教育方針で、

大事な若者たちの将来が危ないものになってしまいます。

 

国家の将来、日本の未来は、若者・少年、少女の教育です。

 

未来形成は、教育・教育・教育です。

 

再び、世界に誇れる日本になるためには、

今の、このゆとり教育をなくすこと。と道徳の授業に重きを置くことだと

考えます。(ところで、道徳の授業って今あるのでしょうか?)

 

投稿者 パル・ネットワーク (14:16) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :