コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>働く原動力.2

Blog

2012.11.08  働く原動力.2

いつも穏やかに暮らしたいといつも願っております。

 

花鳥風月を愛でながら、ゆったりと暮らしたいといつも思っております。

 

だから、そのためにも『今をがんばって』という気持ちがあり、この気持ちも働く原動力になっております。

 

穏やかに暮らしたいと思えば思うほど、今はギラギラと働くことができます。

 

自分の中で「穏やか=経済の豊かさ」みたいな公式があります。

 

人が生きてゆくためには、どうしても『経済の豊かさ』が必要です。

 

「金持ち喧嘩せず。」やっぱり、お金があればこそです。

 

その次が、『精神の豊かさ』です。こころのゆとり。

 

明日の生活に追われていては、絶対穏やかな暮らしは無理です。

 

貧しくとも楽しい我が家。理想ですが、現実はまず食べること。暮らしてゆくこと。

 

精神・心の豊かさを求めるにもお金がかかるのです。

 

 

働けなくなったら、がんばって築いた資産を賃貸し、安定収入・不労所得の確保。

 

死ぬまでには、資産を切り売りし、子供たちには、住むとこ以外、残さない。

 

必要以上の資産は、苦労・ストレスを抱え込むことになるので。

 

 

パルの従業員もだんだん高齢化が進んできました、みんなで、穏やかな暮らしに移行してゆきたいと思っております。

 

従業員は、将来(60歳以上は)会社に出勤さえすれば(籍さえあれば)、

A案-賃貸店舗の家賃を従業員の年金代わりの給与にしたいと思っております。

または、

 

B案-会社直営のコインランドリー店舗を一人、1店舗ずつ委託し、オーナーとして店を任せるのも年金代わりになるし、よいかなあと思います。

どちらにしても、A案もB案も会社の負担はほとんどないので、従業員の終身年金みたいな形で長期に続けられるとおもっています。

従業員と一緒にみんなで今をがんばって、近い将来、パルで働く人たちが穏やかに暮らしてゆける環境をつくることを宣言し、自分の働くもうひとつの原動力にしたいと思っております。

 

一人一人は、弱いので、弱い一人のために力になれる、頼ってもらえる会社でありたい。

 

個人の豊かさが、会社の豊かさの基本でありたいと思っております。

 

さあ、明日からまた、がんばります。

 

投稿者 パル・ネットワーク (14:52) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :