コインランドリー店の開業相談ならパル・ネットワークへ

堅実・着実にコインランドリー店、多店舗展開中!!

トップBlog>声をかけよう!

Blog

2012.11.16  声をかけよう!

人が生きてゆくためには、人との関わり無く暮らしてゆくことはできません。

 

お互いが理解しあえる『人間関係という樹』を育ててゆかなくてはなりません。

 

不思議なもので、話すと誤解が解けたり、思っていた人よりいい人じゃん。って思うことがよくあります。

 


基本は、挨拶です。

 


おはようございます。こんにちは。

たったこれだけ、声をかけるだけで人間関係という樹は育ってゆきます。

この樹が大きく育てば育つほど、大きなトラブルも発生することなく、近所付き合いもうまくいきます。

 

友人間、職場でもうまく人間関係がいっていない人とは、言葉を交わすことが無いと思いませんか?

 

仲が悪いのだから、声を掛け合わないのは当たり前だと思っている方。

 

それは違います。

 

仲が悪いから声を掛け合わないのではなく、声を掛け合わないから、仲が悪いのです。

 

どちらでも、同じだと思われるかもしれませんが、試してみてください。

 

意識の問題なので、声を掛け合うというのは、お互いが意識しないとできないことですが、声をかけるというのは、自分自身が決めて、意識すればできます。

 

仲の悪い方、なんとなく話しづらい方、方々に積極的に声をかけてみてくだい。

話してみて下さい。

 

朝の挨拶からでも、よいです。

不思議と声をかけたり、話をすると、人間関係という樹が育ちます。

 

そうすると相手の意識も変わり、相手からも声をかけられるようになります。

そうなれば、シメシメです。

 

あとは、声を掛け合うだけで、人権関係という樹が育ってゆきます。

 

いつどんなときに助けてもらうことなるかもわからないので、周囲の人々には積極的に声をかけ、よい人間関係という樹を育てましょう。

 

声をかけるだけで素敵な人間関係が育ちます。

 

結局、人間関係も植物も声(肥え)をかけないとよく育たないということです。

 

投稿者 パル・ネットワーク (16:27) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :